>

車の売買に必要な情報と知識を身に着けよう

忘れてはいけない「税金」との兼ね合い

車には、大きく分けて2種類の税金があります。
「自動車税」そして「自動車重量税」です。

これらは毎年一回車を所持している人に対して課税される税金です。
どちらも、納税の期日は明確に定まっていて、「自動車税は4月1日」「自動車税は毎年車検時」です。
さて、これが買い替えにどう影響してくるのでしょうか。
4月1日に車の所有者に課税されるという事は、例えば4月2日にマイカーを買い取ってもらった場合は、4月2日以降は自分は車に乗らないにも関わらず税金を支払わなければならないという事になるので損してしまいます。なので車を買い取りに出す場合は必ず3月末までに完了させるようにした方が得策ですよね。
これがもし買取ではなく廃車である場合は、自動車税は払いすぎている分が還付されます。
廃車になった車に税はかからないので、この場合は特に時期を考慮する必要はないでしょう。

自分にとってより良いタイミングを見極める

売買の時期や車を取り巻く色々な事柄をしっかり踏まえて車を買い替えれることができれば格段にお得に新車を手に入れられることが分かりました。
車の買い替えは、気軽にするというよりも一大イベントですよね。
その分、愛車を手放すのもなんだか寂しかったり、新しい車を迎えるのもひとしお嬉しかったり、色々な感情が渦巻くものです。
お得に取引をするためには情報を事前にキャッチしている必要があるし、計画的に動かないといけません。
しかしお得な事ばかりに目が行って、自分の日常生活に悪影響がないようにすることだけ注意しましょう。
今の車を新車に買い替える場合、どうしても車がない時期が発生してしまう可能性が高いです。
いくら良い買い物ができても、日常生活に支障があっては身も蓋もありません。
販売側、そして購入側がお互いがハッピーな取引をできるように、まずは自分の都合を最優先に考えてより良い買取ができれば一番良いですね。


この記事をシェアする