>

車を売却するタイミングと注意点

車を売る際に気を付けたい事

車を買い替える際に、ディーラーから「車の下取り」を提案されることがあります。
しかしこの場合には注意が必要です。

ディーラーは新車販売の専門業者です。
つまり、車の買い取りについてはあまり深い知識を持っているとは考えにくい場合が多いのです。
リアルタイムでの中古車市場の相場についての情報まではいきわたっていない場合が多いので、どうしても下取り価格は安くなりがちなのです。

そのため、ディーラーでの車購入の際に、合わせて今の車の下取りも任せてしまうのではなく、一旦クッションを置いて買取専門業者にも見積もりを出してもらいましょう。
そうすると自分で相場などが分かるため、最良の条件で車を下取りに出すことができる可能性が上がります。

車を売るタイミング

車の購入には決算期が適しているということが分かりましたが、では車を売る時期に関してはどうなのでしょうか。
実は、多くの人が決算期を狙って車を購入しています。
という事は販売側からすると、決算期には車の在庫を豊富に取り揃えておきたい、という事になりますよね。
つまり、車を売る際には、決算期の上旬までに手放してしまうのがベストだということになります。

ただし、買い替えではなく単純に今の車を手放すだけならば、決算期云々よりも車の状態を優先的に考慮したほうが良いといえます。
車は、古くなればなるほど価値が下がっていくもの。
つまり期末を待っていたずらに所有し続けていれば、その期間は車が劣化していると判断されてしまいます。
できるだけ新しい状態の車のほうが高値で売れるのでその点に注意しながら売却を考慮すると良いでしょう。


この記事をシェアする