>

車を売買する時の手順とお店選び

車を購入する時期のポイントとねらい目

もちろん、いつでも車が売れるという事は販売側にとっては嬉しい事です。
しかし、実は販売側には販売目標というものがあって、大体半期ごとに掲げられている事が多いのです。
その半期の期末つまり決算期には、目標達成のための売り上げ目標ないし台数が明確に見えていることもあり、販売側からするとなんとしても売りたいという士気が高まっています。
この時期になると、より多く売りたい為に値下げ率が上がる傾向にあります。
すなわち、この決算月に車を購入する、というのがベストなわけですね。

決算月は、基本的に9月と3月です。
さらに言うと、3月は年度末という事もあり、9月よりもさらにお買い得になることが多い場合があるので、この時期が最も車購入のねらい目だと言えるでしょう。

先を見越して時期を狙う

では、契約自体を3月ないし9月に終えてしまえばそれでよいのでしょうか。
実はそうではありません。
大切なのは、その決算月に車の納車まで終わったかどうかということなのです。
ただ契約をして登録しただけでは、販売側にとっては売上にカウントされません。
納車まで終えて初めて、その期内に契約が完了したという事になるのです。
すなわち、契約は期末内に終えたとしても納車がそれ以降になるのであれば、「期末セール」を謳って販売を促しているだけなので注意が必要です。
もしかしたらその場合は最も値引きされた状態ではない値段で車を購入しているかもしれません。

納車までのスケジュールを確実に遂行するためにも、車の購入には1-2か月前から動き出すのが得策です。
車についての情報収集やお店をちょっと覗いてみるなど、実際に購入する前に下準備は怠らないようにしましょう。


この記事をシェアする